Pepperstoneの詳細 口座開設方法や出入金、口コミ評判について

*IronFXは現在日本人トレーダーの募集を停止しています

Pepperstoneは、

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)

によって認可を受け,

2010年より営業を開始している

新興FXブローカーです。

 

業界最狭ともいわれる0.1pips(EUR/USD)〜

という圧倒的な低スプレッドと、

入出金の迅速さ、

NDD(ノンディーリングデスク)方式の採用など

どのトレーダーにとってもメリットがあります。

 

また、サポートの対応も早く、

日本のトレーダーからも大きな注目を集めています。

 

 

 

 業界最高水準0.1pips(EUR/USD)からの超低スプレッド!

「スタンダードアカウント」(取引手数料無料)の場合、

USD/JPY(1.0~1.7pips)、

EUR/USD(0.5~1.8pips)、

GBP/USD(1.0~2.2pips)と、

他業者よりかなり低いスプレッドになっています。

 

「RAZORアカウント」においても、

1LOT往復あたり、わずか$7(AUD)の手数料で、

USD/JPY (0.1~1.2 pip)、

EUR/USD (0.1~1.0 pip)、

GBP/USD (0.1~1.1 pip)と、

信じられないほど低スプレッドで取引出来ます。

 

 

NDD(ノンディーリングデスク)方式の採用

ペッパーストーンのRAZORアカウントが採用しているNDDは、

相対取引方式に対してディーリングデスクがない

(=ディーラーを介さない)方式で、

投資家のオーダーのすべてが

カバー先に直結され電子的に執行されます。

 

NDDでは、ディーラーの裁量による約定等の

恣意性を排した公正な注文執行が行わるので、

投資家とFX業者の利益相反リスクがありません。

 

 

 最短当日反映!国内送金で入金可能!

Pepperstoneは入出金にとても定評があり、

海外銀行間送金を利用して出金した場合、

ほとんどの場合即日送金手続を行っています。

 

入金に関しては、クレジットカード・海外銀行送金のほか、

特定ブローカー(FXDD、FXCM UK、Alpari UK、Forex.com、InterbankFX)との、

ブローカー間資金移動もできます。

 

また、2013年6月から三菱東京UFJからの入金が可能となり、

オンラインバンクやATMからも入金できるようになりました。

*2013/8より、クレジットカード入金も手数料無料になりました。

 

 

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)認可の信頼性!

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、

オーストラリアにおいて登録した会社の唯一の規制機関であり、

金融サービスを規制する連邦政府3機関の内の一つです。

 

また、ASICはMarketMakerを禁止してるため

必然的にNDDとなります。

 

 

 最大400倍のハイレバレッジ!

海外口座はどこもハイレバレッジですが、

もちろんペッパーストーンもそうです。

 

最低入金額は$ 200からで、

取引も安心の0.01 lot (1,000通貨)から始められます。

 

円口座なら3万円ほどの入金で0.1 lot(10,000通貨)での取引が可能です。

 

 

安心の日本語サポート!

ペッパーストーンは

日本語サポートにも非常に優れているブローカーで、

対応が非常に早く

丁寧なサポート体制を持っています。

 

 

ついにペッパーストーンがネッテラー(Neteller)による入金受付を開始しました。

ネッテラーはe-Wallet(電子財布)を提供のオンライン決済サービス業者で、

Pepperstoneの取引口座に24時間、即時入金反映が可能です。

ネッテラーによる送金可能通貨は下記の通りです。

USDJPYGBPEURAUD

 

ネッテラーによる入金方法は、

クライアントエリアにログインし、

ネッテラー入金ページより手続きが可能です。

 

基本情報

会社名:Pepperstone Financial Pty Ltd

ライセンス:Australia / ASIC

所在地:Level 3, 27 – 31 King Street Melbourne VIC 3000 AUSTRALIA

電話番号:+61 (3) 9020-0155

メールアドレス:support.jp@pepperstone.com

 

 

 

海外FXおすすめ比較 ロイヤルキャッシュバックで口座開設

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ