MT4インジゲーターの使い方

097MT4は様々なインジゲーターを入れて

自分好みのチャートを作れることが

大きな魅力です。

 

インジケーター自体は

プログラミングで作られているものなので、

スマホにアプリを追加していくのと

同じようなイメージです。

 

メタトレーダーが自動売買ソフトを使う際にも

よく利用されていているのはこのためです。

 

自動売買のプログラミングをチャートにしこんで、

そのポイントになったら

あとは勝手に売買してくれるわけです。

 

上のメニューからナビゲーターを選べば、

メジャーなインジケーターはもとから入っています。

 

ここから好きなものを選び

チャートにドラッグドロップするだけで

簡単に使えます。

 

私が見ているインジケーターは、

MACD、移動平均線、ボリンジャーバンドなどです。

 

いずれもトレンドライン、

横ラインなどライン分析をした上で、

補助的に見るという感じで使っています。

 

そのほかにもメタトレーダーでは、

カスタムインジケーターといって

自分でプログラミングして作った

オリジナルなインジケーターを取り込むこともできます。

 

カスタムインジケーターに関しては

検索すれば無料で公開しているものがあり、

その中から自分の使いたいものを探して取り込めば使えるので、

自分でプログラミングできなくても大丈夫です。

 

カスタムインディケーターの導入方法はこちら

 

 

海外FXおすすめ比較 ロイヤルキャッシュバックで口座開設

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ