FXで大切なトレードメンタルについて

余計な感情は捨てよう

FXトレードをする上で

どうしても最初は感情的になってしまうことも多いです。

 

勝ち負けで一喜一憂し

後でなんであそこでポジションを持たなかったのかとか

なんでそんぎりしなかったのかなどという後悔をした覚えは

どんなトレーダーにもあると思います。

 

しかし、本来トレードするにあたって

感情を持ってしまうことは

自分の都合のいい方へ相場を解釈してしまったりする危険性があるので

良いことではありません。

 

トレードをする時点で

自分は今後ここまで動くと思うからここで利食いしよう、

逆に動いたらここで損切りしようなどという計画は

ポジションを持つ前に行わなければなりません。

 

一旦ポジションを持ったら

あとはどちらかに達するのを待つだけで

ここで感情的になってしまい

ストップの位置をずらしたりしてしまうと

負けトレードへつながる原因となってしまいます。

 

あくまでFX取引は作業なので

淡々と冷静な精神状態で相場の分析からトレードまで行う必要があるのです。

 

 

取引は謙虚に挑もう

FXトレードにおいて

謙虚にチャートや自分のトレードを見るというのは

とても大事なことです。

 

自分もFXを始めたばかりの初心者だった頃は

勝てば自分は正しかったんだなと思い

有頂天になって自分は相場のすべてを理解しているという風に

思ってしまっていました。

 

しかし、そんなことはなく、

負けてしまったりうまくいかないトレードを続けてしまい

大きく資金を失ってしまったこともあります。

 

相場には100%や確実ということはないということを

肝に銘じてトレードしなければなりません。

 

そして勝ってもおごらずに謙虚に、

負けは潔く損切りし、

自分の間違いを認めて検証しなければ

勝ち続けることは難しいと思います。

 

 

トレードは無欲で臨め

おそらくFXを始めた人というのは、

・お金持ちになりたい

・脱サラして自由な生活をしたい

など

金銭的なものや自由な生活スタイルへのあこがれを持っていると思います。

 

もちろん私自身もそうです。

 

しかし、相場というものは

そのような人たちの欲望を飲み込んで

大きくなっていくものなのです。

 

市場の9割は負けて去っていくFX取引において、

人の心理に宿る欲望というものは

適切な判断力を鈍らせ

お金を奪い取ってしまうでしょう。

 

すぐに成功したり大金持ちになることだけを考えてうまくいくほど

相場は甘くはありません。

 

利食いをのばし、損切りを的確にし、

少しずつ利益を積み重ねていくしか

勝ち続ける方法はないのです。

 

もちろん他の仕事中や休みの日に

お金持ちになったらどういう暮らしをしようとか

なにを買おうなどと想像して

モチベーションをあげることはおおいに良いと思います。

 

しかし一旦チャートと向き合ったら

余計なことは考えず、無欲で

自分のトレードをするよう心がけましょう。

 

 

FXはギャンブルではない

よくFXトレードはギャンブルである、またはギャンブルと同じだという人がいます。

 

確かに上がるか下がるかの二択だけで

誰にも1秒後のことは分からないので

そういう見方もできます。

 

しかし、相場の動きは人間が作るものであり、

人間心理が反映されています。

 

勝ちトレーダーはこれをよく理解し、

自分が状況を理解できるときだけトレードします。

 

トレード初心者の人や

負けトレーダーがやりがちなことは

ハラハラドキドキできる、ギャンブル的なトレードです。

 

やはり人間の本能としては

こういう方が楽しく、のめり込みやすく、お金を失いやすいです。

 

FXはエントリーから決済まで

全て自分のタイミングで決めなければなりません。

 

一度深呼吸して冷静になり、

自分が熱くなっているだけではないのか、冷静に見極めましょう。

 

決してその場の雰囲気だけでトレードすることのないようにし、

自分の理解できる状況下でのみ取引しましょう。

 

 

 

トレードしない勇気

FXにおいて、やることは

買う

売る

何もしない

の3択です。

 

しかし、FXトレードを始めると

この3番目のトレードしないという行為が

一番難しいことに気がつくと思います。

 

常にポジションを持っていないと気が済まないという人は

ただの依存症になってしまっている状態です。

酒でもギャンブルでも

依存症というのはただの病気です。

 

トレードにおいてそのような弱さは改善しなければなりません。

 

スキャルピングだからといって

無理そうなところでがんがんポジションを持ってしまって

結局プラスマイナス0もしくはマイナスとなっては

トレードする意味がありません。

 

スリルやドキドキ感を求めてやると

いずれ相場からの退場を余儀なくされるでしょう。

 

どんなスタイルの取引手法でも

ある程度慣れてくれば絶対いけそうと思うときや、

またはそのような条件が整った場面というものに

必ず出会います。

 

そのときまで無理にトレードしないで資金を保っておく勇気が

とても大切なのです。

 

もちろんその場面が来たらポジションを持つ勇気が必要なのは

言うまでもありません。

 

 

疑うことも必要、騙されることも必要

FXトレードをしていると

モニター画面と取引しているような感覚に陥ってしまいますが、

実際は画面の向こう側には自分と同じ多くのトレーダーがいることを忘れてはいけません。

 

相場は売り手と買い手の取引なので、

勝つためには負ける人、自分と逆の取引をしている人から

お金を奪うということになります。

 

様々な経済ニュースや要人発言に対して

アナリストなどが言及していますが

彼らは自分の考えというか予想を言うのが仕事であり、

それが当たるかどうかは関係ありません。

トレーダーは彼らの発言を鵜呑みにしてしまわないことが大事です。

 

また、株や儲かる投資なども

銀行の窓口などで勧められたものを買うのは

基本的には儲からないですのでよくないです。

本当に儲かる話など人は人に教えません。

相手は自分の利益のために

その商品を営業しているのです。

 

 

しかし、それとは矛盾するように思えるかもしれませんが、

時には騙されることも必要です。

 

相場というのはどこかで大きく勝たなければ

負け続けたり損をしてしまうようにできています。

 

いつも少しづつコンスタントに安定的に勝ち、

サラリーマンの給料のように利益が欲しいとは誰もが思うところです。

 

しかし、相場には常に想定外のことがありますし、

自分の人生もそれは同じです。

 

暴落の危険性は常にあります。

 

騙しかもしれない、戻すかもしれないチャートだけど

抜ける可能性もあり、抜けたらかなり大きく勝てる、

そんな時は思い切って勝負してみることも

トレードする上では大事です。

 

 

破壊衝動に注意

FXをやっている人なら誰しも破壊衝動にかられた経験があると思います。

トレードは人間の行動原則、本能に反した行動が必要とされます。

破壊衝動にかられるのも、人間が元々持っている欲望なのです。

トレードではそれが顕著に現れてしまいます。

連続して負け続ける状況、含み損を抱えた状態などが続くと

半ばやけになって取引をしてしまうのです。

一度こうなるともう止まりません。

冷静な判断をしようにもできなくなり、

余計に取引し、資金を減らしてしまうのです。

 

もちろんトレードだけでなく、ギャンブル狂やアルコール中毒などもそうです。

もっと身近なところなら、

ダイエット中なのにお菓子を食べてしまう、

お金がないのにカードで買い物をしてしまった、など

約束や規則を破ってしまうことも当てはまります。

 

もちろん人間ですから全て完璧にこなせるはずはありません。

それでもトレードのときは

破壊衝動を完璧に抑えなければなりません。

 

どうにでもなれと思った瞬間、

今までのトレードが無駄になってしまいますので

注意しましょう。

 

対策としては負けたら席を立ったり休憩したりして

次のトレードに嫌なイメージを残さないようにすることや、

いっそのことその日はトレードしないなどと決めても良いかもしれません。

個人的には相場自体が良くないときはもちろん、

肉体的、精神的に疲れを感じたり、

体調が悪いときはやらないというのも心がけています。

 

 

 

 

 

恐怖心を忘れないようにしよう

自分が始めてFXトレードをしたとき、

少額でしたが、みるみる自分の口座に入れたお金の数字が変わっていくのを見て

とても緊張したのを覚えています。

 

おそらく皆、トレードを始めたばかりの初心者の頃は

毎トレード手に汗を握っていたと思います。

 

しかし、良くも悪くもその緊張感にも次第に慣れてきてしまいます。

思い切っていくところでは勇気も必要ですが、

多くの場面では程よい緊張感や恐怖心を持っている方が

冷静に相場を見ることができて良いと思います。

 

私自身も負けトレードが続いたりすると

けっこうかっとなってしまい、のりでエントリーしてしまうというのが悩みでした。

FXは資金を失うという可能性が常にあるので、

どんなポジションを持つときにもリスクをきちんと想定しましょう。

 

トレードに慣れてきたら、今度は恐怖心を忘れないようにしましょう。

 

 

準備のないエントリーは危険

FXトレードにおいて、

最も良くないことは計画性のないトレードをしてしまうことです。

 

ポジションをもつという行為は

どんな状況であっても常に危険と隣り合わせです。

 

ここまで予想に反したらどうするか

 

ここまで伸びたらどうするか

 

あらかじめそのときに自分がとる行動を決めておかなければ

人はなかなか動けないものです。

 

エントリーする前にあらかじめ損切りや利食いのラインをしっかり決めて、

何が合ってもそれを守り抜ける強い意思や、

状況によってはさらに利食いを伸ばす我慢強さをもちましょう。

 

目先のチャートの動きに惑わされず、

冷静に判断するよう心がけましょう。

 

また、それぞれのドレードは独立したものであると考える反面、

 

実際に大事なのは統計的に勝つことでもありますので、

その辺も考慮に入れて判断をするようにしましょう!

 

海外FXおすすめ比較 ロイヤルキャッシュバックで口座開設

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ