海外FX口座の注文システムとスプレッドについて

 

sgf01a201311211700FX取引では、

トレーダーがパソコンで売買注文を出した後、

その注文は証券会社やカバー先など

いくつもの経由を経て

実際に注文が処理されています。

 

 

まずトレーダーが出した注文は証券会社へ行きます。

 

その後、証券会社によって

OTCかNDDというどちらかの方法で、

カバー先(銀行や保険会社など)へ処理されます。

 

そこから実際にインターバンク市場へと注文が出され、

それが投資家に提示されるようになっています。

 
%0

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ