海外FX口座のデメリット

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s海外FX口座のデメリット個人的にはメリットの方が多いので

主に海外FX口座を使っていますが、

当然デメリットもいくつかあります。

 

やはり一番大きいデメリットは

出入金手数料(得に出金)

にたいして手数料がとられることです。

 

 

国内FX業者では、

だいたいどのFX口座でも出入金手数料は無料です。

 

しかし海外では出入金の方法にもよりますが手数料(得に出金)

に対して手数料がとられます。

 

また口座によってはFAXを送信しないといけなかったり、

銀行送金の場合は銀行にも書類を書かないといけなかったりと、

手続きが面倒くさかったりするところもあります。

 

出金に関しては

銀行送金よりもネッテラーの方が手数料はだいぶ安く、

手続きなども便利なので、

ネッテラーを使うのがおすすめです。

 

ネッテラーについてはこちら

 

それと海外FX口座では口座通貨が円以外も選べ、

そうした場合は送金の際に為替手数料も関係してきます。

 

 

それと全てデメリットになる訳ではありませんが、

海外FXの税金は雑所得になりますので

一定以上の利益が出た場合は国内FX口座を利用するよりも

税金が高くなります(一定金額未満なら逆に安いです)

 

海外FXの税金についてはこちら

 

 

また海外FX口座は国内のFX口座よりもスプレッドが高くなります。

時間帯などにもよりますが、だいたいドル円やユーロドルでも

1~2pipsくらいはかかってしまいます。

超短時間のスキャルピングトレーダーには厳しい面もあるかもしれませんが、

約定力はありますし、指標時も注文ができたりと

メリットはあります。

またキャッシュバックサイトを使うことで実質スプレッドを安くすることも可能です。

キャッシュバックサイトを使うなら

一番還元率の高いロイヤルキャッシュバックがおすすめです。

 

これらのことに注意して海外FX口座のメリットを生かしたトレードをしていきましょう。

 

 

海外FXおすすめ比較 ロイヤルキャッシュバックで口座開設

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ