スキャルピング、デイトレード、スイングトレード

114FXのトレードの種類(ポジションの保有期間、売買のタイミング)

というのは大きく3つに分けられます。

 

その3つとは、

スキャルピング、

デイトレード、

スイングトレードというもので

 

スキャルピングは数分から数十分くらいで短いトレード、

デイトレードは数時間から1日くらい、

スイングトレードは数日から数週間という

時間感覚でポジションんを持つという感じに区別されています。

 

どの取引が一番良いのかということについては個人差もありますし、

取引できる時間や、性格も違うので一概には言えません。

 

私自身は主にデイトレード中心で

ポジション保有時間は長くても数時間程度というスタンスでやっていますが、

どちらかというと勝っているトレーダーは

長期めで取引をしている人が多いようです。

 

最近は私ももう少しポジションの保有期間を

長くしてみようかなと思ったりもしています。

 

長めのスタンスの方が良い理由というのはいくつかあって、

まずそもそも取引回数が少ない方が

業者に払うスプレッドが少ないということです。

 

エントリーするごとに数pipsは損をして始まるので、

小さい取引を繰り返すよりなるべく一度の取引で済ませたほうが当然お得です。

 

また時間がない人、忙しい人ほどスキャルピングがいいように思いますが

、実際スキャルピングというのは非常に難しいです。

 

画面に張り付いて売買を繰り返さなければならず、

一度の獲得pipsが少ないので、スプレッドがちょっと広くなったり注文が滑ると

すぐに利益が飛んでしまいます。

 

精神的にも緊張状態になりますし疲れます。

 

もちろんポジション持っていると気になって

他のことに集中できないという人もいるので

そういう人はスキャルのほうが良いでしょう。

 

一方長めの取引スタイルにすると一喜一憂しなくてもよくなり、

画面を見る時間も減らせます。

 

またチャート分析も長い足の方がしやすいですし、

高値や安値の更新ポイントも、長い足の方が大きな流れになっているので、

大雑把にポジションを入れても利益が出る確率が高いです。

 

なので今の短期取引がうまくいっていないという人は、

ロットを下げて、1時間足や4時間足などの大きめの足で

利益確定と損切りも広げてやってみることをおすすめします。

 

海外FXおすすめ比較 ロイヤルキャッシュバックで口座開設

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ