海外FX口座おすすめ比較ランキング

sgf01a201311211700海外FX

 ・ハイレバレッジで取引したい 

 ・追証なしの0カット口座がいい 

 ・国内業者で口座凍結されてしまった 

 ・MT4(メタトレーダー)を使いたい 

 ・キャンペーンやボーナスを利用したい 

など

 海外FX口座ならではのメリットというのは多いです。
近年は国内FX口座から海外FX口座に乗り換えたり

両方使うといったトレーダーも増えてきています。

このサイトでは、いち早く海外FXの情報をお届けします。

 

 

☆1位☆ XEMarkets ←管理人おすすめ!!

XEマーケットはTrading Point(トレーディングポイント)が

2012年にリニューアルして新しくできた海外FX業者です。

最大レバレッジ888倍で約定率100%と取引環境が優れていて、

2万ユーロまでの信託保全など信用面も充実しています。

自分もメイン口座として使っていますが、

日本語のメールサポートや出入金もしっかりしているのでおすすめです。

入金ボーナスやコンテストなども充実しています。

レバレッジドル円スプレッド0カット日本語サポート信託保全最小取引単位
最大888倍1pip~(変動)あり(追証なし)あり2万ユーロまで信託保全1000通貨

 

 

 

☆2位☆ FxPro  

FXプロはイギリス、キプロス、オーストラリアの

3つの監督管理機関より管理監督されたグローバルブローカーで、

全世界150ヶ国でオンラインサービスを展開しています。

狭いスプレッドと約定能力の高さには定評がありECNプラットフォームもあります。

サッカープレミアリーグのフルハムのメインスポンサーもしていて知名度も高いです。

レバレッジドル円スプレッド0カット日本語サポート信託保全最小取引単位
最大400倍Standard/1pips
Razor/0.1pips
なし(追証あり)あり分別保管1000通貨

 

 

 

3位 FXDD

FXDDは、おそらく日本でもっとも知られている海外FX会社で、

プロのFXトレーダーも使っている人が多いです。

取引プラットフォームだけでなく、各種申請フォームも日本語対応しており、

電話、Eメール、チャットによる日本語サポートも24時間体制です。

システムトレードなどにもおすすめです。

レバレッジドル円スプレッド0カット日本語サポート信託保全最小取引単位
最大400倍1pips~あり(追証なし)あり分別保管1000通貨

 

 

 

4位 FxNet

FxNetはわりと新しい海外FX業者です。

ディーリングデスクの干渉を排除したSTP/NDDの取引環境が魅力で、

約定力もあり、取引口座も種類が豊富です。

日本語サポートも完備で、出入金も幅広く対応しています。

2万ユーロまでの信託保全もあるので安心して資金を預けられます。

レバレッジドル円スプレッド0カット日本語サポート信託保全最小取引単位
最大500倍1pips~あり(追証なし)あり2万ユーロまで信託保全1000通貨

 

 

 

 

5位 YouTradeFX 

ユートレードFXは日本語サポートが充実していて、

市場分析レポートの配信、ビデオによるFXレッスンメニューなど

初心者から上級者向けのサービスも完備しています。

またスプレットを1日24時間固定で提供していて、

FX、CFD、株式が一つの口座で売買が可能なのも魅力です。

レバレッジドル円スプレッド0カット日本語サポート信託保全最小取引単位
最大500倍1pips~あり(追証なし)あり2万ユーロまで信託保全1000通貨

 

 

 

IFC Markets 

IFCマーケットは、最大1000倍というハイレバレッジと、

100通貨からの取引が可能で、

少額から取引してみたいという海外FX初心にも者おすすめです。

口座へ入金した証拠金に対して年利2%の金利が付くので、

取引をしなくてもお金が増えるというのも魅力です。

レバレッジドル円スプレッド0カット日本語サポート信託保全最小取引単位
最大300倍3pipsあり(追証なし)あり分別保管1000通貨

 

 

 

Infinity Space

インフィニティースペースは、最大レバレッジ1000倍、

USD/JPY1pipという驚異の固定スプレッドが魅力です。

日本語サポートも完備で独自の取引システム「FX TROLL」があります。

 

 

 

海外バイナリーオプションについて

バイナリーオプションは、数分後に今より「上がる」か「下がる」かをクリックするだけなので、

初心者にもわかりやすく、ここ最近注目を浴びています。

日本とは違い、シンプルなハイorローの取引など最短30秒後や60秒後からの超短期取引が可能で

とても人気です。

しかし最近2chなどで話題になっている海外バイナリーオプションは

出金がされないなどの被害の相談が多い業者もあるようです。

明らかに日本人のみを対象とした悪徳業者もあるようなので注意しましょう。

基本的にキャッシュバックサイトが提携している海外バイナリーオプション業者は

自分も使っていますが問題なく安心して利用できますので

提携業者の中から選びましょう!

海外バイナリーオプションの比較はこちら

 

 

 

 海外FX口座がおすすめな理由

プロをはじめ、FXで稼いでいるトレーダーで海外FX口座を利用している人は多いです。

なぜ国内のFX口座ではなく海外のFX口座を使うのか?

そこにはいくつかの理由があるのです。

 

私もFX取引を始めた当初は、国内の証券会社で、よく宣伝をしているFX口座を開設して取引していました。

英語もわからないのに、初めから海外口座を開設してFX始める人なんて なかなかいませんよね。

 

しかし、FXを始めてしばらくして、国内証券会社と海外証券会社の違いについて知る機会がありました。

 

国内業者でしか取引したことのなかった私は、そこで始めて追証なし0カット)システムや

ハイレバレッジの利点、MT4やcTraderのこと、各種ボーナス、注文後の流れの仕組みなど、

海外FX口座のメリットを知りました。

 

特にハイレバレッジで自己資金が少なくても大きなロット数でトレードでき、

さらに追証なしの0カットというのは

スイスフランのような暴落、暴騰があった時でも安心なので

非常におすすめです。

 

私も最初は海外口座を使用するにあたって色々不安な点があったものの、

ここで比較紹介している業者は、日本語対応のサイトがあり、口座の開設から取引、出入金に関しても

日本語のメールやチャットで対応してくれるので、何も困ることはありませんでした。

 

もしあなたがFX初心者だったり、英語が苦手であったとしても、

安心して利用できますので大丈夫です。

 

口座開設数について 

開設する口座数なのですが、サーバーダウンなどの障害に備えたり、

取引によって口座を使い分けた方が良い場合もあるので、

5つ位の口座は開いておくことをおすすめします。

ここで紹介している口座は口座維持費などかからず全て無料なので、

複数口座開設しておいても困ることはありません。

 

また最近はpepperstoneやThinkforexはじめ、

特にオーストラリアの海外FX業者が

日本人の口座開設、トレードを禁止し始めています。

金融庁の圧力と見られていますが、今後もこの傾向は続くと思われるので

口座開設できるうちにしておくのがいいと思います。

 

 

*FXトレードの注意点

FXは「margin Foreign eXchange trading」の略であり、「外国為替証拠金取引」という意味です。

円やその他海外の通貨を売買し、取引することでその価格差を得るものです。

銀行や大企業ファンドなどに加え、最近では個人トレーダーも増えています。

少額から始められ、サラリーマンや主婦、学生などでも気軽に始めることができる反面、

知識や経験がないでいきなり大金をつぎ込んでしまうと負けるリスクも非常に高い投資です。

 

当サイトではFXについてやFX海外口座の開設方法などの情報を紹介していますが、

トレードはあくまで自己責任となりますので注意して下さい。

 FXライフスタイル

2015年3月16日更新

サブコンテンツ

このページの先頭へ